自己紹介
鈴木 拓矢すずき たくや
中京大学 大学院工学研究科 情報工学専攻

目次

連絡先

目加田研究室 at 中京大学 大学院工学研究科 情報工学専攻

Top

略歴

Top

研究内容・業績

腹腔鏡下手術支援に関する研究

若手医師のための教育用システム

腹腔鏡下手術では,医師の視野が腹腔鏡映像に限定されることや,器具の操作に制限があるため,手術は高難度です. そのため,腹腔鏡下手術のための教育用システムが望まれています. 手術において重要なのは,医師が直接目にする腹腔鏡映像から患者の人体構造を理解可能にしておくことです. そこで,過去に行われた腹腔鏡映像と同一患者のCT画像から抽出されたポリゴンを位置合わせし,重畳した映像をVRで可視化します. 本研究では,人体の3次元的な形状や位置関係の理解力を向上させるために,VRデバイスであるzSpaceを用います. これにより,若手医師の教育を支援することが可能となります.
支援システムの動作例

器具領域抽出のための単眼腹腔鏡映像からの奥行き推定

腹腔鏡下手術を執刀する医師にとって,限定された環境下での術具の操作は高難度なため,誤操作による侵襲が発生してしまいます.誤操作防止のために,腹腔鏡映像から手術を認識し,医師にフィードバック出来れば有用です.特に,術具の位置を特定できれば,異常操作を検知可能です.本研究では,最も普及した単眼腹腔鏡を用いた手術映像を対象に,術具領域の抽出に取り組んでいます.高精度な抽出のために,深層学習を用いて色情報から奥行き情報を推定し,術具の抽出で利用します,術具の抽出では深層学習を用いて,色情報と推定した奥行き情報を学習することで高精度な術具の抽出をします.
結果画像(入力画像,推定した奥行き画像,出力画像)

研究業績

国際会議

  1. Takuya Suzuki,Keisuke Doman,Yoshito Mekada:
    "Depth estimation for instrument segmentation from a single laparoscopic video toward laparoscopic surgery support",

国内会議・年次大会

  1. 鈴木 拓矢,道満恵介, 目加田慶人, 三澤一成, 森健策:
    "腹腔鏡手術の教育支援に向けたVR訓練システムの開発",
    第26回 日本コンピュータ外科学会大会(JSCAS), vol.19, no.4, 17(VIII)-6, p.293,2017. (於:名古屋大学 東山キャンパス,査読あり・口頭)
  2. 鈴木 拓矢,道満 恵介,目加田 慶人,三澤 一成,森 健策:
    "腹腔鏡下手術のための VR 手術再観察システムの開発",
    第37回日本医用画像工学会(JAMIT),OP8-4,pp.283-285,July 2018. (於:筑波大学 天王台キャンパス,査読あり・口頭)
  3. 鈴木 拓矢,道満 恵介,目加田 慶人,三澤 一成,森 健策:
    "単眼腹腔鏡映像からの奥行き推定を利用した術具セグメンテーション",
    第38回日本医用画像工学会(JAMIT),July 2019(於:奈良春日野国際フォーラム,査読あり・口頭)

学位論文

  1. 鈴木 拓矢
    "外科医教育のための腹腔鏡下手術を再観察するVR仮想化内視鏡システムの開発",
    学士論文,中京大学工学部,Jan. 2018.

その他の研究活動

Top

リンク

Top